映画に感謝を捧ぐ! 「フロム・ダスク・ティル・ドーン2」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はスコット・スピーゲル監督の

 「フロム・ダスク・ティル・ドーン2」に感謝を捧げようと思います。


フロム・ダスク・ティル・ドーン 2 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-02-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フロム・ダスク・ティル・ドーン 2 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1996年の映画「フロム・ダスク・ティル・ドーン」をもとにして作られた

 人気シリーズの2作目となる本作は

 「フロム・ダスク・ティル・ドーン」を路線化へと導く

 大いなるアクション・ホラーであります。

 前作の精神を継承しつつ「イタリア西部劇&吸血鬼映画色」を増幅させ

 男性的欲求の赴くままに進行するストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に、米ドラマ「スーパーナチュラル」に通じる道しるべ

 悪食趣味&見世物的な暴力描写の極みを

 目指すことによって生成されるユーモア

 男気と狂気、怪奇恐怖と泥棒映画による共同戦線の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (法と無法を安易に馴れ合わせないクールな幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「アクションからホラーへと転じる」事によって生じる驚きをい

 潔くそぎ落とし「極道系吸血鬼ホラー」の領域へと向かって突き進む

 豪快作であると言えるでしょう。

 Q・タランティーノ&R・ロドリゲスが織りなす「趣味の世界」に

 S・ライミ的ホラー技法を融合させ

 怪奇恐怖と西部劇風味が入り交じった世界を生成した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック