映画に感謝を捧ぐ! 「巴里の空の下セーヌは流れる」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジュリアン・デュヴィヴィエ監督の

 「巴里の空の下セーヌは流れる」に感謝を捧げようと思います。


巴里の空の下セーヌは流れる [DVD]
ジュネス企画
2012-10-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 巴里の空の下セーヌは流れる [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 パリの一角で暮らす人々の1日を描いた本作は

 独特のスケール感を持った日常劇であります。

 「パリ+約1日」という厳密な時間&空間的制約の中で

 ホームドラマ、ロマンス、社会派、サスペンス、サクセス・ストーリーが

 複雑且つ上品に絡み合うストーリー&演出は

 私に物語作りにおける「スケール感の適性範囲を保つ」

 「人生の中に物語の種子を見いだす」事の重要性と

 複数のストーリー&キャラクターをバランス良く配合する技法の
 
 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (後年の米ドラマ「24」に通じる時間説明を

 ストーリーから浮き上がることなく行っている点と

 「カードの表裏として並び立つ悲劇とハッピー・エンド」

 「新聞の社会&映画的効能」・「早朝という時間の持つ優しい空気」を

 体現した幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「時間&空間限定型短日常劇」の雄と呼ぶにふさわしい
 
 作品であると言えるでしょう。

 和やかさと危うさ、愛情と哀愁、娯楽的スリルと文学的神秘性の均整を保ち

 複数の男女が織りなす短篇集的な物語を

 「パリ」を主役とした一つの長編へとまとめ上げることによって

 後年の映画&TVドラマに対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック