映画に感謝を捧ぐ! 「ポルト」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はゲイブ・クリンガー監督の「ポルト」に

 感謝を捧げようと思います。


ポルト DVD
ポニーキャニオン
2018-04-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ポルトガルの都市「ポルト」の一角で出会った

 男女2人の運命を描いた本作は

 クールでありながらも技巧的な恋愛映画であります。

 主人公2人による「視点の交換」、時系列移動

 台詞のBGM的利用を多用しつつ

 軽快且つ穏やかに進行するストーリー&演出は

 私に「文学志向と効率主義」の奇妙な共同戦線と

 サスペンス技法の恋愛映画的活用法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (奇襲的に訪れるハッピー・エンドと謎めいたエンド・ロールが

 「人生&愛」が人知を越えた存在であることを

 写し出している点も見逃せません。)

 まさに「軽量級技巧派恋愛映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 観光旅行、ポルノ要素、青春映画、愛憎劇の特性を融合させながら

 状況設明&娯楽的盛り上げを極限まで抑制する

 大胆不敵さに驚かされる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック