映画に感謝を捧ぐ! 「現金と美女と三悪人(熱泥池)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は市川崑監督の「現金と美女と三悪人(熱泥池)」に

 感謝を捧げようと思います。





 木村荘十の同名小説をもとにして作られた本作は

 度重なる再上映の過程において軽量化されながらも

 クールな文化融合性を感じさせる作品であります。

 犯罪小説と西部劇を融合させたストーリー&演出が

 効率重視的且つ淡々と進行する光景は

 私に「東西文化」「愛欲と金銭欲」・「活劇性と人間模様」の交わりが

 もたらす科学反応の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (肩すかし的決着によって「物欲の虚しさ」を写し出す姿に

 心打たれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「和製犯罪+愛憎系サスペンス」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 映像作品を後世に残すことの難しさと

 物欲と愛情、男と女、大衆娯楽と芸術志向の複雑な関係を体現する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック