映画に感謝を捧ぐ! 「サドンデス(2013年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョシュ・C・ウォーラー監督の「サドンデス(2013年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


サドンデス [DVD]
アルバトロス
2014-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サドンデス [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 謎の組織によって闘いを強要された
 
 女性たちの運命を描いた本作は

 貪欲にして素朴な格闘技映画であります。

 女性たちと「殺人ゲーム」を組み合わせて

 暴力・お色気・反権力を網羅しようという貪欲さ

 同じアクション&交流を少しずつ加工し

 繋いでいくことによって物語を進める省力化精神

 残酷描写へのこだわり

 状況説明を徹底的に省略する潔さが一体となる光景は

 私に「暴走する男性的欲求&TVゲーム感覚」の一形態と

 ホラーとアクションを繋ぐ「見えない絆」の存在を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇的でありながらも「継続化への思い」を感じさせる

 不思議な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 ある意味本作は「戦闘系女性映画」の作り手たちの

 心に潜む感情を暴き出す

 過激な珍作であると言えるでしょう。

 娯楽的サービス精神の赴くままに進みながら

 娯楽的爽快感を拒否するという

 離れ業に挑んだ本作と

 生きて映画を見ることの出来る幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック