映画に感謝を捧ぐ! 「パニック・スカイ(2010年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はカーレ・アンドリュース監督の

 「パニック・スカイ(2010年版)」に感謝を捧げようと思います。


パニックスカイ LBXC-504 [DVD]
エー・アール・シー株式会社
2014-07-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パニックスカイ LBXC-504 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 小型機でコンサート会場を目指す男女5人の運命を描いた本作は

 SF映画史上屈指の「貪欲なる軽量作」であります。

 航空系災害映画とモンスターSFを豪快に組み合わせ

 予算&人員の節約&物語の効率化を徹底し

 残酷描写を巧妙に曖昧化することによって

 生を受けたストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「娯楽映画の定番要素を抑えつつ、奇想天外さを追求する」手法と

 「危機的状況がもたらす精神の混乱」をSF的に表現する技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (超能力系SF&癒し系映画による奇襲攻撃の後

 時間操作系SFへと着地するという離れ業に挑んだ

 作品であるという点も見逃せません。)

 まさに「軽量級SF要素連合」の旗を掲げながら突き進む

 一作であると言えるでしょう。  

 堅実さと奇抜さを兼ね備えた作劇法&映像技によって

 少人数&閉鎖空間におけるスリル&サスペンスの生成と
 
 多彩なSF要素をバランス良く配合する方法を世に示した

 教科書的作品となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック