映画に感謝を捧ぐ! 「ブラックストーンの決闘」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はレイ・エンライト監督の「ブラックストーンの決闘」に

 感謝を捧げようと思います。





 町を脅かす無法者集団に立ち向かうため保安官となった男

 「ヴァンス・コーネル」の運命を描いた本作は

 娯楽的知略に彩られた西部劇であります。

 「実在した無法者」の有効活用と

 娯楽西部劇的見せ場&ヒーロー的誇張の抑制によって

 西部劇の王道に即したストーリーに「個性&現実感」を

 もたらそうという試みは

 私に「歴史の娯楽的活用法」と「見せ場主義&効率主義的作劇法」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (地域愛と男のロマンが交錯する

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「アメリカ流講談型西部劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 アメリカ映画史を彩る西部劇ヒーロー「R・スコット」と

 アメリカ史にその名を轟かせたアウトロー達によって

 形成された「無法者軍団」との対決を

 堅実且つスター主義的に描いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック