映画に感謝を捧ぐ! 「スピーシーズ3 禁断の種」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はブラッド・ターナー監督の「スピーシーズ3 禁断の種」に

 感謝を捧げようと思います。


スピーシーズ3 禁断の種 [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
2010-06-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 1995年の映画「スピーシーズ 種の起源」を

 もとにして作られた人気シリーズの3作目となる本作は

 「スピーシーズ」の神話化を感じさせる作品であります。

 「スピーシーズ」的エロ&残酷さを維持しつつ

 ドラマ性を強化しようという試みによって創造された

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「ポルノ&残酷趣味」と物語性の共存と

 科学者&生物の本能がもたらす「狂気」に対する

 対処法の結果をモンスター映画的に表現する技法の
 
 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (人工生命体と人間の融和を描きつつ「不穏さ」を残した

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「スピーシーズ」シリーズの分岐点を感じさせる

 作品であると言えるでしょう。

 青春映画風味とホラー&ポルノ風味を融合させることによって
 
 「スピーシーズ」を新たなる領域へと導いた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック