映画に感謝を捧ぐ! 「波止場」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエリア・カザン監督の「波止場」に感謝を捧げようと思います。


波止場 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2011-01-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 波止場で働く男「テリー・マロイ」と彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 娯楽性とメッセージ性が絶妙のバランスで配合された
 
 豪快なる生真面目作であります。

 極道映画と青春映画の特性を兼ね備えたストーリーと

 アクション・サスペンス・日常劇の手法を巧みに使い分けた映像技 

 映画気質と舞台劇気質の入り交じった俳優&女優陣が一体となる光景は

 私に「極道映画的主人公&悪漢」を駆使しつつ

 「主人公による暴力描写」を極限まで抑制することによって生じる科学反応と

 社会派的メッセージに娯楽的暴力&ロマンスを加えることによって

 「説教臭」を緩和する技法の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (E・カザン監督が時代の空気&政治と文化の

 歪んだ関係によって強いられた「残酷な選択」の影響が感じられる点と

 活劇性よりも精神性を重視する形で「正義の勝利」を掲げる幕切れが

 アクション映画的爽快感とは一線を画した渋味を

 もたらしている点も見逃せません。)

 まさに「反暴力&社会派系任侠映画」の雄と呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 E・カザン監督&M・ブランドの名コンビと仲間達が

 娯楽的サービス精神&法治主義を維持しつつ

 港湾労働者&プロ・ボクシングの暗部に迫る本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック