映画に感謝を捧ぐ! 「江戸三国志」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は萩原遼監督の「江戸三国志」に

 感謝を捧げようと思います。


江戸三国志 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2008-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 吉川英治の同名小説をもとにして作られた

 三部作の第一章となる本作は

 奇想天外さと生真面目さが入り交じった時代劇映画であります。

 和製時代劇と西洋ファンタジーの特性を兼ね備えた設定を

 東映的スター主義&効率主義に基づいて加工する事によって
 
 生を受けたストーリー&演出は

 私に「娯楽映画的国際交流」と「1950年代東映的サービス精神」

 「軽量映画的分割戦術」の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「第二章への期待をふくらませる」知略に長けた幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「和洋折衷系時代劇映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 日本史の有効活用、後年のTVドラマ作りに通じる見せ方&ストーリー展開

 ヒーロー、ヒロイン、悪漢的風貌+気配に秀でた俳優&女優陣を通じて

 「江戸三国志」の幕開けを告げた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック