映画に感謝を捧ぐ! 「メタモルフォシス 恐怖の生体実験」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はG・L・イーストマン監督の

 「メタモルフォシス 恐怖の生体実験」に感謝を捧げようと思います。


メタモルフォシス 恐怖の生体実験 [DVD]
有限会社フォワード
2007-10-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メタモルフォシス 恐怖の生体実験 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 科学者「ピーター・ハウスマン」と彼を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は
  
 凶暴性と葛藤に彩られたモンスター映画であります。

 青春映画とテクノロジーSFを融合させた世界が

 「モンスター映画の世界」へと変異していく姿を

 幻惑的+見世物的に描写していくストーリー&演出は

 私に「世俗的悪意と科学者的狂気の交わり」によって

 日常&人間性が破壊されていく恐怖と

 効率的に物語を進めつつ

 段階的に恐怖を高めていく技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (能天気なハッピー・エンドで鑑賞者の緊張を緩めた後に

 「静かなる逆転の刃」を放つ幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰鬱系バイオテクノロジー・モンスター映画」の一翼を担う
 
 堅実作であると言えるでしょう。

 モンスター映画の王道に即して進みつつ

 物語性と残酷アトラクション性を

 共存させようとするバランス感覚と

 「単純な状況を複雑に表現する」サスペンス的映像技が

 冴え渡る本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック