映画に感謝を捧ぐ! 「裏切りのスナイパー」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はミケーレ・プラチド監督の「裏切りのスナイパー」に

 感謝を捧げようと思います。


裏切りのスナイパー [DVD]
トランスフォーマー
2013-10-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 裏切りのスナイパー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 強盗団を追う刑事「マティ」と

 強盗団に与する元スナイパー「ヴァンサン」の

 運命を描いた本作は

 鑑賞者を陰鬱なる凶暴性&人間模様の迷路へと誘う

 犯罪映画であります。

 「強盗団を追う警察」と「強盗団の内部抗争」を

 交互に描いていくことによって

 複雑怪奇化していくストーリー&キャラクター

 アメリカ製アクション映画+イタリア西部劇の香り漂う

 銃撃戦&お色気

 渋味の利いた俳優&女優陣+色彩が一体となる光景は

 私に「活劇的豪快さと陰謀劇的苦味の共存」と

 「犯罪に関わる人間の宿命」を映画的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪的ハッピー・エンドに背を向けて

 正義と悪が紙一重の位置にいることを示すかのような

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「善悪混在系泥棒映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 1995年の映画「ヒート」の流れを汲みつつ

 フランス的暗さ&イタリア的俗物性を配合することによって

 生を受けた物語と暴力に彩られた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック