映画に感謝を捧ぐ! 「宇宙戦争 バトル・オブ・ダークサイド・ムーン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェイ・ワイズマン監督の

 「宇宙戦争 バトル・オブ・ダークサイド・ムーン」に感謝を捧げようと思います。


宇宙戦争 バトル・オブ・ダークサイド・ムーン [DVD]
アルバトロス
2015-09-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙戦争 バトル・オブ・ダークサイド・ムーン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 月の水資源を巡る戦いの行方を描いた本作は

 作劇法&映像テクノロジーによって

 メッセージを放つSF映画であります。

 状況設明を極限まで省略し

 その場しのぎ的&緩慢に進行するストーリーと

 TVゲーム風味満載のCG映像が一体となって

 「戦争における人命の小ささ」と

 「戦いの全体像を見失い、目の前にある危機に対応し

 生存することのみを追い求めざるを得なくなる恐怖」を

 写し出すという現象は

 私に想像力&忍耐力を鍛える場と

 アイデアと映像テクノロジーの関係について

 思いをはせる機会をもたらしました。

 (最終結論を曖昧化することによって

 「歴史はハッピー・エンドと悲劇の二択ではない」という

 メッセージを放っている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級文学系SF」の一翼を担う

 大いなる怪作であると言えるでしょう。

 主人公一行と共に「迷宮」と化した作品世界に翻弄されるという

 怪現象をもたらすSF映画の一つである本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック