映画に感謝を捧ぐ! 「J.S.バッハーG線上の幻想」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヤン・シュヴァンクマイエル監督の

 「J.S.バッハーG線上の幻想」に感謝を捧げようと思います。





 ヨハン・ゼバスティアン・バッハの曲

 「Fantasia G-moll」をもとにして作られた本作は

 軽やかなる妖気を放つ音楽映画であります。

 上品でありながらも不気味さを感じさせる曲と

 アニメーション映像による荒廃した風景が一体となって

 幻惑的に進行する光景は

 私に「モンスター&特殊効果に依存しない怪奇ムードの生成」と

 「ストーリーを鑑賞者の思考にゆだねる技法」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 まさに「怪奇系音楽鑑賞+美術館巡り」と呼びたくなるような雰囲気に包まれた

 作品であると言えるでしょう。

 MTV的表現、サイレント的映像言語、J・S・バッハ関連曲の醍醐味が

 一堂に会した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック