映画に感謝を捧ぐ! 「カラミティ・ジェーンとサム・バス」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョージ・シャーマン監督の「カラミティ・ジェーンとサム・バス」に

 感謝を捧げようと思います。


カラミティ・ジェーンとサム・バス [DVD]
ブロードウェイ
2016-07-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 無法者「サム・バス&カラミティ・ジェーン」の生涯を

 もとにして作られた本作は

 娯楽的戦術性&歴史認識に彩られた西部劇であります。

 アメリカ史に名を轟かす無法者の生き様から

 「娯楽的に好ましい部分」を抽出し

 アメリカ西部劇的サービス精神に基づく加工を施し

 暇つぶし規模のスケール感&スピード感を保ち続けた

 ストーリー&演出は

 私に、娯楽作品における「反権威」の重要性

 活劇性と悲劇性の共存

 歴史の娯楽映画的活用法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (情緒と分かり易さに重点を置きつつ

 「鑑賞者の想像力」を刺激する幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「大衆食堂系アウトロー伝説」の一翼を担う

 実話系西部劇であると言えるでしょう。

 アメリカ映画的スター主義

 権力者&ビジネスマンに対する潜在的不信

 法の執行者と無法者が紙一重の存在だった時代への憧れ&恐れ

 西部劇系アクション・シーンの特性が一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック