映画に感謝を捧ぐ! 「パラノーマル・リアリティ」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマーティン・アンダーセン監督の「パラノーマル・リアリティ」に

 感謝を捧げようと思います。


パラノーマル・リアリティ [DVD]
アルバトロス
2013-12-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パラノーマル・リアリティ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 レイプ殺人犯「リチャード・スペック」の犯行現場に潜入した

 私設調査チームの運命を描いた本作は

 「パラノーマル系ホラー」の光と闇を体現する

 教科書的作品であります。

 軽量アトラクション的特殊効果&残酷描写と
 
 ホラー映画の法則に基づく人間模様が

 細切れ的且つ淡々と進行するストーリー&演出は

 私に「記録映像と娯楽作品を隔てる壁」と

 「現実感の追求によって作り物感が増幅していく現象」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (娯楽的ハッピー・エンドに向かうと見せかけて

 「パラノーマル系」の本分へと立ち返る幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「パラノーマル系ホラー入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 2007年の映画「パラノーマル・アクティビティ」が

 ホラー映画界に与えた影響を余すところなく体現した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック