映画に感謝を捧ぐ! 「レジョネア」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はピーター・マクドナルド監督の「レジョネア」に

 感謝を捧げようと思います。


レジョネア [DVD]
ポニーキャニオン
2002-01-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 フランス軍の外人部隊「レジョネア」に入隊した

 男たちの運命を描いた本作は

 奇襲的発想に彩られた戦争映画であります。

 軽量級アクション映画と苦味の利いた戦争映画が

 絡み合うストーリー&演出

 主演男優J・C・ヴァン・ダムの秘めたる渋味

 史劇風味溢れる音楽が一体となる光景は

 私に「アメリカ映画気質とヨーロッパ映画気質の共同戦線」と

 「ワンマン・ヒーロー路線と見せかけて群像劇へと向かう戦術」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (敵将の魅力と「人物よりも風景を強調する」映像技によって

 ハッピー・エンドと悲劇が交錯する味わい深い幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「文化&ジャンル交流系戦争映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 大作的スケール感と暇つぶし映画的軽快さ、活劇と悲劇

 フランス軍礼賛とヨーロッパ的覇権主義批判が

 独特のバランスで共存する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック