映画に感謝を捧ぐ! 「西部の二国旗」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロバート・ワイズ監督の「西部の二国旗」に

 感謝を捧げようと思います。


西部の二国旗 [DVD]
ブロードウェイ
2013-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 北軍の捕虜となった南軍大佐「タッカー」と

 仲間達の運命を描いた本作は

 西部劇史上屈指の「渋味の利いた変化球作」であります。

 西部劇と戦争映画の定番要素を融合させ

 少年漫画的「呉越同舟」へと向かうストーリー&アクション・シーンが

 南北戦争の「秘めたる舞台裏」を写し出していく光景は

 私に、西部劇と戦争映画を結ぶ「絆」と

 アメリカ西部劇的サービス精神と反戦メッセージの

 両立化を図る試みの一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「白人=善、先住民=悪」の法則に従いつつ

 勧善懲悪的ハッピー・エンドにせず

 平和主義的な幕切れへと着地している点も見逃せません。)

 まさに「南北戦争外伝」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 多彩な娯楽ジャンルを扱いつつ

 一定の「メッセージ性&社会性」を持ち続けたR・ワイズ監督と

 アメリカ映画的サービス精神&南北戦争の舞台裏が

 融合することによって生を受けた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック