映画に感謝を捧ぐ! 「チャップリンの駆落」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の

 「チャップリンの駆落」に感謝を捧げようと思います。





 父の決めた縁談に反発し「秘密の恋人」と

 結ばれることを望む令嬢の運命を描いた本作は

 ユーモアとシリアスの「秘めたる近似性」を

 有効活用したサイレント喜劇であります。

 逃亡アクション、身分詐称サスペンス

 格差系ラブストーリーを融合させ

 ドタバタ喜劇的に加工することによって生を受けた

 ストーリー&演出は

 私に「スリルと笑いを結ぶ絆」と

 「見せ所を的確に押さえ、力を集中させる」娯楽映画の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ユーモラスでありながらも

 「未来への不安」に囚われず今を満喫する男女の姿に

 心打たれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「活劇系ラブ・コメディ」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 C・チャップリン&E・パーヴィアンスの名コンビぶり

 「謎めいた男が上流社会を翻弄する」背徳的快感

 ユーモアのあるカー・アクションの輝きが一体となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック