映画に感謝を捧ぐ! 「異常者」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はドナッテラ・マヨルカ監督の「異常者」に
 
 感謝を捧げようと思います。


異常者 [DVD]
ニューセレクト
2000-09-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 面接調査員「マーサ」と彼女を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 女性映画+ポルノ映画史上屈指の

 「時代性&混沌ぶり」を感じさせる作品であります。

 恋愛劇、サスペンス、ポルノ、日常劇の特性が

 細切れ的に進行していくストーリー&演出は

 私に「愛情と狂気の秘めたる近似性」と

 「インターネット時代」初期の空気を

 ポルノ映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (壮絶なるホラー的見せ方&肩すかしぶりに圧倒される

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「遠距離系愛憎ポルノ」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 「淡々とした朝+昼&性衝動に彩られた夜」という

 テリトリー分けによって平穏を保っていたヒロインの人生が

 ネットでの交流によって境界線を破壊され

 性欲&疑心の底なし沼へと落ちていく姿を

 クール且つエロティックに描くことに挑んだ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック