映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・セル2」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はティム・イアコファーノ監督の「ザ・セル2」に

 感謝を捧げようと思います。


ザ・セル2 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-04-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 2000年の映画「ザ・セル」の流れを汲む本作は

 映像文化交流的魅力を持った続編映画であります。

 前作の「殺人犯の心中を映像化する」という

 アイデアを継承しつつ

 TVドラマ的男女コンビ、特殊能力捜査官

 猟奇殺人犯を挿入するという試みは

 私に「1990~2000年代米ドラマ史」

 「SF技法とサスペンス技法の融合」・「軽量級映画的ハッタリ」の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ドキュメンタリー的風景映像から

 アクション・シーンの舞台裏へ向かう」という

 奇策に彩られたエンドロールも見逃せません。) 

 まさに「TVドラマ風味入りザ・セル」と呼びたくなる

 珍作であると言えるでしょう。

 「ザ・セル」の作品世界から美術館的要素をそぎ落とし

 軽量級アクション、「Xファイル」的男女コンビ&SF要素

 「クリミナル・マインド」的異常心理犯描写を

 加えることによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック