映画に感謝を捧ぐ! 「熱砂の騎士」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマック・V・ライト監督の「熱砂の騎士」に

 感謝を捧げようと思います。





 恩人の息子を救うためにソノラを目指すカウボーイ

 「ジョン・ビショップ」の運命を描いた本作は

 軽量級西部劇であります。

 「車から馬車に乗り換える」という奇策

 潜入捜査、スポーツ、逃亡劇、悪漢退治を組み合わせつつ

 効率主義的&和やかに進行するストーリーと

 娯楽西部劇の定番要素を的確に抑えた演出&キャラクター造形が

 一体となる光景は

 私に「西部劇の時代」に対する憧れと

 「暴力性を抑制したアクション・シーンの醍醐味」の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (後年の「駅馬車&007シリーズ」に通じる手法によって

 「悪漢以外は殺人を行わない」という原則を守り通した

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「珍道中&スパイ西部劇」の一翼を担う作品であると

 言えるでしょう。

 西部劇ヒーローJ・ウェインの「量産型西部劇時代」の輝きと

 大作&名作の陰で映画史を支え続けた

 気晴らし系娯楽作品の魅力が

 スリリング&ユーモラスに炸裂する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック