映画に感謝を捧ぐ! 「ロスト・フューチャー」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はミカエル・サロモン監督の「ロスト・フューチャー」に

 感謝を捧げようと思います。


ロスト・フューチャー [DVD]
アルバトロス
2013-01-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロスト・フューチャー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 文明が崩壊し、モンスター&病魔に蹂躙された世界で暮らす

 人々の運命を描いた本作は

 男児性と商業性が絡み合うSF映画であります。

 中世ファンタジーと感染系+未来形+モンスター系SFを融合させ

 TVゲーム+漫画文化と2000年代米ドラマ風味を加える事によって生を受けた

 ストーリー&映像が見せ場主義的に進行する光景は

 私に「男児系伝統文化」と「2010年代映像技法」の共同戦線と

 文明社会と原始社会の秘めたる近似性をSF的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (軽量級SF的合理主義と西部劇&史劇の香りが結びついた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「男児系コミック・ファンタジーSF」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 ファンタジー映画、感染系モンスター映画、冒険映画の歴史と

 CGテクノロジーの大衆化を体現する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック