映画に感謝を捧ぐ! 「17歳(1996年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はフェルナンデス・アルメロ監督の「17歳(1996年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


17歳 [DVD]
タキ・コーポレーション
2004-02-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 女性3人の奇妙な1日を描いた本作は

 堅実にして陽気な道中劇であります。

 「1日」という時間的制約と

 極限まで抑制された人員&空間の中で

 ユーモア、スリル、人情が絡み合うストーリー&演出は

 私に「スケール感の適性範囲」を心得た物語&映像と

 ロマンスに依存しない女性関係の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (安易なハッピー・エンドに溺れず

 情味、希望、不安の入り交じった

 渋味の利いた幕切れへと着地している点も見逃せません。)

 まさに「日常系女流道中劇」の一翼を担う

 軽量作であると言えるでしょう。

 MTV的軽さとヨーロッパ映画的渋味

 効率主義的作劇法と人情味がバランス良く配合された本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック