映画に感謝を捧ぐ! 「モンタナ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はレイ・エンライト監督の「モンタナ」に

 感謝を捧げようと思います。


モンタナ [DVD]
ブロードウェイ
2014-02-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 モンタナを訪れた羊飼い「モーガン・レーン」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 陽気な力業に彩られた西部劇であります。

 西部劇の王道、潜入捜査劇、ラブ・コメディを混ぜ合わせて

 牛飼いと羊飼いの抗争を描くという試みは

 私に「アメリカ畜産史」の一端と

 西部劇と恋愛劇のせめぎ合いを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (壮絶なる闘いの果てに「恋愛劇」が勝利する幕切れが

 ある種のブラック・ユーモア性を放っている点も見逃せません。)

 まさに「組織間抗争+恋愛西部劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 西部劇ならではの銃撃&動物アクション

 縄張り&異業種争い、美男美女の恋愛劇が手を結び

 軽やかに進行していく姿に驚かされる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック