映画に感謝を捧ぐ! 「ボルケーノ・アルマゲドン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はダニエル・ギルボーイ監督の「ボルケーノ・アルマゲドン」に

 感謝を捧げようと思います。


ボルケーノ・アルマゲドン [DVD]
アルバトロス
2018-07-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 巨大地震によって荒廃した世界を旅する

 人々の運命を描いた本作は

 災害映画史上屈指の「継ぎ接ぎ技」を

 堪能させてくれる大珍作であります。

 各種災害映画の有名場面をTVゲーム的CGで再現した映像

 イタリア西部劇の香り漂う挿入曲&銃撃戦

 米ドラマ「ウォーキング・デッド」風道中&人間模様が一体となる光景は

 私に「映画的リサイクル&便乗商品精神」の極限を

 目指す人々の勇姿と

 マニア性とビジネス性の平和的共存の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (米ドラマの「シーズン最終話」的幕切れを通じて

 自然の雄大さと人間の小ささを写し出している点も

 見逃せません。)

 まさに「幕の内弁当系災害映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 「複数の有名作品をつなぎ合わせる」事によって生を受けた邦題

 時間を超えて集結した大作映画&TVドラマの共同戦線によるストーリー展開

 「予算&人員を節約しつつ、世界の危機的ムードを生成する」

 「残酷な状況を和やかに描写する」ための

 説明台詞&CG映像が一堂に会する事によって

 大作的ハッタリと軽量級映画的軽やかさ
 
 既視感の嵐と個性を兼ね備えた災害映画となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック