映画に感謝を捧ぐ! 「続・テキサス決死隊」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェームズ・ホーガン監督の「続・テキサス決死隊」に

 感謝を捧げようと思います。





 大牧場で発生した牛盗難事件に関わる

 人々の運命を描いた本作は

 時代の枠を越えた要素が絡み合う世紀の珍作であります。

 西部劇文化と1940年代文化、コメディ風味とサスペンス風味

 ホームドラマ気質と犯罪映画気質が混ざり合った

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「文化摩擦&男女の精神的断絶」を解決する方法と

 「テキサスの文化&大牧場経営のリスク」を

 娯楽的に学ぶ手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (西部劇の流れを汲む最終決戦の後に

 「勧善懲悪よりもラブ・コメディを重視する幕切れ」を

 持ってくるという離れ業に挑んだ作品であるという点も

 見逃せません。)
 
 まさに「文化交流系サスペンス」の一翼を担う

 軽量作であると言えるでしょう。

 題名によって「テキサス決死隊(1936年版)」の後日談であるかのように

 思わせる戦術と

 西部劇の香り漂う牧場周辺と刑事映画的な捜査官コンビの

 融合がもたらす科学反応が

 独特のユーモアを醸し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック