映画に感謝を捧ぐ! 「ディストピア2049」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はリース・イブネシェーン監督の

 「ディストピア2049」に感謝を捧げようと思います。


ディストピア2049 [DVD]
アルバトロス
2018-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 2049年のアメリカで体制への反逆者として追われる身となった

 兄妹の運命を描いた本作は

 渇いた残酷性に彩られた未来形SFであります。

 SF的装飾、アクション映画的戦闘描写

 ホラー的残酷描写を網羅しつつ

 クール且つ緩慢に進行するストーリー&演出は

 私に「スケール感と節約精神を共存させる戦術」と

 「残酷趣味と無機質性のせめぎ合い」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (別形態のSFによる「奇襲攻撃」のような真相→幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「冷徹+残虐系SF」の一翼を担う

 怪作であると言えるでしょう。

 TVゲーム&コミック的なCG映像&キャラクター造形を駆使しつつも

 淡々とした物語&映像が

 武力&監視システムによる支配によって

 「人間性」を失った未来世界を体現する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック