映画に感謝を捧ぐ! 「アンドレとウォーリー・Bの冒険」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルビー・レイ・スミス監督の

 「アンドレとウォーリー・Bの冒険」に感謝を捧げようと思います。


ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2008-11-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 森で昼寝をしていた男?「アンドレ」と

 通りすがりの蜂「ウォーリー・B」の運命を描いた本作は

 効率的且つユーモラスなアニメーション映画であります。

 知力&体力の限りを尽くした「鬼ごっこ」を

 驚異的な軽やかさで写し出すストーリー&演出と

 童話的ユーモアに満ちたキャラクター・デザインが一体となる光景は

 私に、喜劇技法と活劇技法の共同戦線と

 危機において冷静さを保つことの大切さ&弱者が強者を翻弄する快感を

 娯楽的に表現する技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (敵役に同情したくなるような空気を放つ幕切れが

 戦いの無常さを体現している点も見逃せません。)

 まさに「軽量級喜劇系逃亡劇」の歴史に輝く

 強豪作であると言えるでしょう。

 状況設明や情緒を抑制し、合理的に物語を進行するクールさ

 スリルとユーモアをバランス良く配合するバランス感覚

 童話的絵柄とサイレント喜劇的動作を兼ね備えたアニメーション技術力によって
 
 後年のアニメ制作会社「ピクサー」に通じる道を切り開いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック