映画に感謝を捧ぐ! 「アタラント号」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャン・ヴィゴ監督の「アタラント号」に

 感謝を捧げようと思います。

ウェブリブログ Amazonアソシエイト ここから -->
アタラント号 4Kレストア版 ジャン・ヴィゴ DVD
IVC,Ltd.(VC)(D)
2017-12-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 アタラント号の船長「ジャン」と

 彼の妻「ジュリエット」の運命を描いた本作は

 軽快にして技巧的な恋愛喜劇であります。

 「舞台&人間関係を限定し、スケール感の暴走を防ぐ」知略

 「悲劇的な状況においてもユーモアを欠かさない」喜劇精神

 「トーキーとサイレントの持ち味を生かし合う」平衡感覚を兼ね備えた

 ストーリー&演出が躍動的に進行する光景は

 私に「適性範囲」を維持し続ける娯楽映画の醍醐味と

 「閉鎖空間における人間心理&男性と女性の精神的相違点」を

 娯楽的に表現する技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (挿入曲の有効活用&ストーリー展開の効率化によって
 
 「ご都合主義臭」を緩和し、ハッピー・エンドの高揚感を高める

 妙技に心打たれる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「夫婦喜劇系人間心理論」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 軽やかでありながらも「人情味&品の良さ」を

 感じさせる物語&映像と

 少女漫画風味とフランス風味を兼ね備えた

 俳優&女優陣が心地良い本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック