映画に感謝を捧ぐ! 「マローダーズ 襲撃者」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はスティーヴン・C・ミラー監督の

 「マローダーズ 襲撃者」に感謝を捧げようと思います。


マローダーズ 襲撃者 [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マローダーズ 襲撃者 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 謎の銀行強盗団を追うFBI捜査官の運命を描いた本作は

 派手さと陰鬱さが共存するアクション映画であります。

 豪快且つ技巧的なアクション・シーンと

 渋味の利いたストーリー&キャスティングが一体となる光景は

 私に「冷熱合わせ持つアクション映画」の醍醐味と
 
 娯楽映画的ご都合主義の香りを緩和する技法の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪的決着と「法治主義の敗北」が並び立つ

 格好良くも苦い幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに娯楽的暴力とクールさが絡み合う

 「刑事ドラマ系アクション映画」であると言えるでしょう。

 S・C・ミラー監督&B・ウィリスの名コンビによる

 2作目の映画となる本作と 

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック