映画に感謝を捧ぐ! 「EVE -イヴ-」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はダンカン・ギビンズ監督の「EVE -イヴ-」に

 感謝を捧げようと思います。


EVE/イヴ [DVD]
キングレコード
2018-08-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 暴走した人型アンドロイド「イヴⅧ」を追う

 人々の運命を描いた本作は

 1980年代後半~90年代前半の映画文化を体現する

 SF映画であります。

 1984年の映画「ターミネーター」の流れを汲みつつ

 刑事コンビ映画、女性映画、異常心理サスペンス映画

 テロ対策映画を組み込むことによって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「作家と作品の関係」・「暴走するテクノロジー信仰の恐怖」

 「アクション・ヒロインに対する皮肉」・「男性に対する不信感」を

 SF映画的に表現する技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「トラウマの克服」をアクション映画的に表現した

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「女系ロボットSF」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 小規模映画会社精神の赴くままに進むことによって

 戦いによって「呪われた過去」を乗り越えようとするヒロインを描いた感動作と

 「ターミネーター」と「スピーシーズ」の橋渡しを

 兼ね備えた存在となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック