映画に感謝を捧ぐ! 「紙ひこうき」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・カース監督の「紙ひこうき」に

 感謝を捧げようと思います。


ディズニー・ショートフィルム・コレクション [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2015-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 駅で出会った女性に一目惚れした男と

 彼が飛ばした紙ひこうき達の運命を描いた本作は

 クールにして豪快なアニメーション映画であります。

 恋愛系ドタバタ喜劇とファンタジーの香りを兼ね備えながら
 
 台詞&状況設明描写に依存することなく進行するストーリーと

 ディズニー的絵柄でありながらも渋味の利いた映像が一体となる光景は

 私に「サイレント喜劇的状況を渋味の利いた色彩で表現する」

 「効率的ストーリー展開&アニメ的見せ場のよる突っ込み封じ」

 「ファミリー向けアニメーションの味わいと文学性&風刺性を共存させる」技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (王道的でありながらも娯楽的盛り上げを抑制した

 情緒ある幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「都会派童話型恋愛アニメーション」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 適性範囲のスケール感&スピード感を維持する知略と

 アニメーション的技術力&発想力を駆使して

 恋心がもたらす熱気&狂気、紙ひこうきの魅力

 企業社会の潜在的不条理性、都会特有の「無関心現象」を写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック