映画に感謝を捧ぐ! 「巌窟の野獣」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルフレッド・ヒッチコック監督の「巌窟の野獣」に

 感謝を捧げようと思います。


巌窟の野獣 [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2013-06-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ダフネ・デュ・モーリアの小説「埋もれた青春」を

 もとにして作られた本作は
 
 王道と奇策が絡み合う巻き込まれ映画であります。

 A・ヒッチコック監督の十八番「犯罪に巻き込まれる一般人」に即しつつ

 極道映画風味&活劇性を重視する方向で進行するストーリー&演出は

 私に娯楽映画の「潜在的反権威性」と「情報管理術」の

 一端を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (翻訳よりも娯楽性に重きを置いた邦題と

 「諸悪の根源」にヒーロー的存在力を持たせることによって

 アクション映画的ハッピー・エンドとホラー的余韻を兼ね備えた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「活劇系巻き込まれ映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 舞台劇、西部劇、犯罪劇の特性が互いの持ち味を生かしながら

 物語を盛り上げていく姿が心地良い本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック