映画に感謝を捧ぐ! 「旅路の果て」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジュリアン・デュヴィヴィエ監督の「旅路の果て」に

 感謝を捧げようと思います。





 俳優&女優向けの養老院で暮らす人々の

 運命を描いた本作は

 人生&芸道の陰と陽が交錯する日常劇であります。

 「舞台」に魅入られ、人生を捧げながらも

 時の流れがもたらす心身の変化と

 鑑賞者たちの気まぐれによって

 表舞台から引き離された人々の生き様を

 人情味と冷徹さ、映画技法と舞台技法を使い分けながら写し出していく

 ストーリー&演出、キャラクター造形は
 
 私に「人気商売の光と陰」・「運命の無常さ」

 「一芸を極めようとする人々の情熱&狂気」を

 娯楽性、文学性、社会性の均整を保ちながら

 表現していく妙技の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇的でありながらも

 「才覚を持ちながら、現実に対する拒否感&演技への過剰な傾倒によって

 誤った方向へと進んでしまった」人間と

 「情熱を持ちながら才能&機会に恵まれず、不遇の人生を歩んだ」人間への

 愛情を感じさせる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに人生の最終章に立つ人々を題材とした

 「陰性舞台裏映画」であると言えるでしょう。

 舞台劇的過剰さを緩和し、現実感を持たせる表現力

 芸道に生きる人々に対する鋭くも優しい目線

 暴力&犯罪に依存しないスリル&サスペンスに包まれた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック