映画に感謝を捧ぐ! 「400デイズ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマット・オスターマン監督の「400デイズ」に

 感謝を捧げようと思います。


400デイズ [DVD]
アルバトロス
2016-02-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 地下施設で400日にわたる訓練を受けることになった

 宇宙飛行士4人の運命を描いた本作は

 軽量級SF技法の粋を結集した怪作であります。

 予算&人員の節約に適した設定

 状況設明の抑制

 思わせぶりな記録映像&脇役陣

 アトラクション風味溢れる映像が一体となる光景は

 私に「倹約精神とSF的ハッタリの共存」と

 「閉鎖生活&孤独によるストレス」をSF的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (答えを明かさずに、謎を増やし続けることによって

 SF映画史上屈指の「肩すかし的幕切れ」を

 生み出したという点も見逃せません。)

 まさに「雰囲気系SF」の究極形態を目指す

 挑戦作であると言えるでしょう。

 M・N・シャマラン監督の流れを汲む「謎めいたムード重視主義」

 館系ホラー的閉塞感&見世物感

 限定された舞台、俳優&女優陣を最大限に活用するための

 作劇法が炸裂する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック