映画に感謝を捧ぐ! 「美女と野獣(1946年版)」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャン・コクトー監督の「美女と野獣(1946年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


美女と野獣 [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2009-03-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ガブリエル=スザンヌ・ド・ヴィルヌーヴによって生を受けた後

 ジャンヌ=マリー・ルプランス・ド・ボーモンによる加工を施され

 出版された同名恋愛譚をもとにして1946年に作られた本作は

 多彩な技巧が交錯する恋愛映画であります。

 怪奇映画、史劇、恋愛映画の手法をバランス良く配合し

 舞台的ムードを加える事によって

 怪談、お伽噺、少女漫画が入り交じったストーリー&演出が

 生成されていく光景は

 私に「怪奇恐怖とロマンスの秘めたる共通項」と

 「男性の繊細さ&女性の強靱さ」を映画的に表現する技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (ファミリー向け&漫画的ハッピー・エンドを

 ブラック・ユーモア的に加工した幕切れが

 独特の苦味と爽快感を放っている点も見逃せません。)

 まさに「フランス流恋愛ファンタジー」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 男性に対する鋭い目線と時代を先取りする直感に彩られた
 
 「野獣」のキャラクター造形と

 ファンタジー性と風刺性を兼ね備えた作劇法&映像技によって

 映画界における「美女と野獣路線」を切り開いた本作と
 
 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック