映画に感謝を捧ぐ! 「渓谷の架け橋」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はR・N・ブラッドベリ監督の「渓谷の架け橋」に

 感謝を捧げようと思います。





 レインボー谷を荒らす無法者集団に立ち向かう

 人々の運命を描いた本作は

 軽快にして和やかな量産型西部劇であります。

 アメリカ史初期を覆う「開拓&自衛精神」と

 正統派西部劇の王道に即した銃撃アクション&人間模様が
 
 効率主義的に進行する光景は
 
 私に「頭脳派西部劇ヒーロー」と

 「殺人に依存しないスリル&サスペンス」の醍醐味を

 満喫する機会をもたらしました。

 (アクション映画的決着に向かうと見せかけて

 「敵軍の作戦を逆手に取る」策略によってハッピー・エンドを迎えるという

 奇襲技に挑んだ西部劇であるという点も見逃せません。)

 まさに「戦術型+穏健派西部劇」の一翼を担う

 軽量作であると言えるでしょう。

 暇つぶし規模の枠内でアメリカの歴史&文化の一端

 残酷な状況を抽象化する技法、情報戦の醍醐味を写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック