映画に感謝を捧ぐ! 「愛犬とごちそう」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はパトリック・オスボーン監督の「愛犬とごちそう」に

 感謝を捧げようと思います。


ディズニー・ショートフィルム・コレクション [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2015-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 食欲旺盛な犬と彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 単純でありながらも多彩な顔を持ったアニメーション映画であります。

 アクション映画的躍動感と喜劇的アイデア性に包まれた「犬の食生活」から

 ラブ・コメディ&ホームドラマへと急転換するという

 離れ業に挑んだストーリー&演出は

 私に「犬に関する知識」と「食事の持つドラマ&コメディ性」が

 融合することによって生じる科学反応と

 「非サスペンス系どんでん返し」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (感動誘発系ハッピー・エンドと見せかけて

 活劇+喜劇系へと急転換する幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「食事喜劇」の一翼を担う豪快作であると言えるでしょう。

 アニメーション的デザイン&動きの醍醐味と

 犬&食事に対するこだわりが冴え渡る本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック