映画に感謝を捧ぐ! 「世界10大災害」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヴァージニ・リンハート監督の「世界10大災害」に

 感謝を捧げようと思います。





 1950年代~2000年代における「災害」に関する

 一部を記録した本作は

 軽量にして重厚な記録映像であります。

 世界各地の災害に関する記録であるかのように見せかけて
 
 制御を失い、暴走する科学&経済信仰がもたらした

 「地球滅亡の危機」を世に示そうという試みは

 私に「人類」に対する壮絶にして理知的なメッセージと

 世界の歴史を軽量級作品の枠内にまとめ上げる技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 まさに「記録映像系環境論」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 SF&史劇のスケール感、サスペンス的恐怖

 アクション的破壊性を兼ね備えた映像と

 教材映画的語り口が一体となって

 「天災の装飾を纏った人災」の歴史を示しつつ
 
 未来への展望を写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック