映画に感謝を捧ぐ! 「カウボーイ魂」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はレスリー・セランダー監督の「カウボーイ魂」に

 感謝を捧げようと思います。





 カーティス・ビショップの小説「シャドウ・レンジ」を

 もとにして作られた本作は

 歴史と娯楽の関係を体現した西部劇であります。

 アメリカ経済史&産業史における「転換期」を

 アメリカ西部劇の王道に即した形で活用するという

 アイデアに基づいて生成されたストーリー&演出が

 軽やかに進行する光景は

 私に「アメリカ史の娯楽映画的解釈」と

 「暴力の嵐を軽快且つ穏健に表現する技法」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (西部劇的ハッピー・エンドの装飾を纏いつつ

 愛に宿る「危険要素」を世に知らしめる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「経済史系西部劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 軽量級作品の枠内において

 アメリカ&イタリア西部劇的暴力描写

 ホームドラマ+サスペンス+ロマンス風味

 アメリカ史における「畜産ビジネスと金融ビジネスの軋轢」が

 一堂に会した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック