映画に感謝を捧ぐ! 「パラノーマル・エンティティ2」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンソニー・ファンクハウザー監督の

 「パラノーマル・エンティティ2」に感謝を捧げようと思います。


パラノーマル・エンティティ2 [DVD]
アルバトロス
2011-02-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 2009年の映画「パラノーマル・エンティティ」を

 もとにして作られた人気シリーズの2作目となる本作は

 疑似実録映画史に輝く新路線を生成した

 記念碑的作品であります。

 「パラノーマル・エンティティ」の持つ便乗性&胡散臭さを継承しつつ

 神話要素&霊能者+科学者という装飾を施すことによって

 実話的説得力を補強しようという試みは

 私に「疑似実録映画」特有の緩慢さ&省力臭の緩和と

 緩やかなストーリー展開によって鑑賞者の緊張を緩めつつ

 後半部でホラー性を加速する技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (警察が「犯罪」として処理する光景を文書化する事による

 説得力強化を行っている点も見逃せません。)

 まさにキャラクターの多様性+現実的対応要素の強化によって

 「パラノーマル・エンティティ」シリーズの本格始動を

 告げる一作であると言えるでしょう。

 「パラノーマル系列作」の持ち味を存分に発揮しながら

 「怪奇恐怖は根源が不明瞭であることによって高揚していく」という

 メッセージを放つ本作と 

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック