映画に感謝を捧ぐ! 「とらんぷ譚」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はサッシャ・ギトリ監督・主演の「とらんぷ譚」に

 感謝を捧げようと思います。


とらんぷ譚 [DVD]
紀伊國屋書店
2008-02-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 サッシャ・ギトリの小説「詐欺師の日記」を

 もとにして作られた本作は

 壮絶にして愉快な詐欺師伝であります。

 トーキーとサイレント、サスペンスとユーモアを

 融合させることによって生成されたストーリー&演出によって

 主人公の「波瀾万丈な人生」が

 軽やかに写し出されていく光景は

 私に「悲劇と喜劇、史劇と犯罪劇の近似性」と

 「運命の博奕性」を映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (豪快にして謎めいた「どんでん返し」を披露する幕切れが

 善と悪の複雑な関係と人生の神秘性を

 体現している点も見逃せません。)

 まさに「架空伝記映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 「悪行によって救われ、善行によって不幸になる」人生を

 能天気且つ知的に渡り歩く主人公の生き様と
 
 残酷&過酷な状況をユーモラスに描写する映像技&作劇法に

 心癒される本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック