映画に感謝を捧ぐ! 「モーテル2」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエリック・ブロス監督の「モーテル2」に

 感謝を捧げようと思います。


モーテル2 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2010-03-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 2007年の映画「モーテル」の前日譚となる本作は

 「陰性の教材性」に彩られた続編映画であります。

 「実録ポルノ系モーテル」が「実録殺人系モーテル」へと

 変異していく過程を

 陰鬱且つ小市民的に描いていくストーリー&演出は

 私に「殺人と性の関係」・「映像作品作りの舞台裏」

 「暴力が人心に与える影響」・「記録映像的作劇法」の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ホラー映画的苦味と「ハッピー・エンド&シリーズ化願望」に対する

 皮肉を兼ね備えた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「悪系サクセス・ストーリー」の一翼を担う

 珍作であると言えるでしょう。

 「軽量映画的続編戦術」に即しつつ

 時間&キャラクター造形的捻りを加えることによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック