映画に感謝を捧ぐ! 「レッズ・ドリーム」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・ラセター監督の「レッズ・ドリーム」に

 感謝を捧げようと思います。


ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版 [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2008-11-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 自転車屋で暮らす車輪の運命を描いた本作は

 陽気にして苦いアニメーション映画であります。

 舞台で繰り広げられる「ピエロと車輪のショー」と

 薄暗い店内で佇む車輪の姿が融合することによって

 生じる科学反応は
 
 私に「祭りの楽しさ&祭りの後の虚しさ」と

 「夢と現実の乖離に苦しみながらも、静かに運命を受け止める」存在の魅力を

 アニメーション的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (サイレント悲劇と日常劇の香りが入り交じった幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「無生物日常系ファンタジー」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 「動作」によって言葉級の感情表現、文学性

 ミュージカル+コメディ風味の共存を可能にする技術力&発想力と

 物&舞台に対する愛情に彩られた本作と 

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック