映画に感謝を捧ぐ! 「世界侵略:ニューヨーク決戦」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンドリュー・ベルヴェア監督の「世界侵略:ニューヨーク決戦」に

 感謝を捧げようと思います。


世界侵略 ニューヨーク決戦 LBX-623 [DVD]
エー・アール・シー株式会社
2015-06-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ニューヨークを襲うエイリアンに立ち向かう人々の

 運命を描いた本作は

 豪快さ、堅実さ、知略が絡み合うSF映画であります。

 地球侵略SFとゾンビ系ホラーを組み合わせる豪快さ

 予算&人員の節約を徹底追求する堅実さ

 同年の話題作「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を

 有効活用する知略が一体となった

 ストーリー&演出、題名、キャラクター造形は

 私に「SF的ハッタリと小規模映画会社的戦術の共存」と

 「地球侵略SFと悪霊系&ゾンビ系ホラーを結ぶ絆」の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アメリカ映画的ハッピー・エンドとヨーロッパ映画的苦味が

 交錯する幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「便乗商品系SF」の歴史に輝く

 壮絶なる珍作であると言えるでしょう。

 過去のSF&ホラー映画に登場した状況を

 徹底的にリサイクルする大胆さと

 絶望的な状況でありながらも緩やかさを感じさせる映像を

 説明台詞の嵐によって補う姿に心和まされる本作と 

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック