映画に感謝を捧ぐ! 「田舎司祭の日記」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロベール・ブレッソン監督の「田舎司祭の日記」に

 感謝を捧げようと思います。


田舎司祭の日記 [DVD]
ジュネス企画
2006-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 初めての教区で奮闘する司祭と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は
 
 文学的な残酷さに彩られた日常劇であります。

 繊細すぎる肉体&精神と閉鎖的な環境によって

 崩壊していく主人公の姿を

 状況設明&娯楽的盛り上げを抑制し

 宗教&純文学的ムードに包み込み

 回想&著作風に進行していくストーリー&演出は

 私に「人生の文学&サスペンス性」と

 「暴力に依存しない残酷描写」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (主人公の死に様を淡々と語る幕切れが

 哀しみと解放感の入り交じった後味をもたらしている点も

 見逃せません。)

 まさに「宗教&文学入り陰鬱系日常劇」の雄と

 呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 日常劇の穏やかさ、怪奇映画の死臭、文学的神秘性

 愛憎劇の香り、宗教的メッセージが複雑に絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック