映画に感謝を捧ぐ! 「ディープ・ブルー2」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はダリン・スコット監督の「ディープ・ブルー2」に

 感謝を捧げようと思います。


ディープ・ブルー2 [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-09-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 「ディープ・ブルー(1999年版)」の流れを汲む本作は

 様々なSF&海難要素が入り交じった

 続編系サメ映画であります。

 「ディープ・ブルー(1999年版)」の設定を継承しつつ

 ピラニア要素、「ターミネータ」マニア魂

 「マトリックス」系表現法を融合させるという大いなる実験は

 私に「サメ&海難映画の法則」と「SF映画愛」の共同戦線と

 残酷な状況が「笑い所」に転じてしまう怪現象の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「爆発系ハッピー・エンド」の濫用を皮肉るかのような

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ピラニア戦術入りディープ・ブルー」の称号にふさわしい

 大珍作であると言えるでしょう。

 「ディープ・ブルー(1999年版)」と

 「アサイラム・サメ路線」が映画史に与えた影響と

 惨劇と滑稽劇、正義漢&想像力と狂気の「秘めたる近似性」を体現しつつ
 
 「ディープ・ブルー」シリーズの形成に挑む本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック