映画に感謝を捧ぐ! 「命知らずの男」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はレイ・エンライト監督の「命知らずの男」に

 感謝を捧げようと思います。


命知らずの男 [DVD]
ブロードウェイ
2013-01-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 アメリカ史を彩る無法者伝説の数々を

 もとにして作られた本作は

 奇策的にして巧妙な史劇系西部劇であります。

 「戦争がもたらす人心荒廃」

 「理想を掲げつつも、凶悪集団と化していく組織」

 「復讐心とカリスマ的リーダーに翻弄される若者」といった

 生真面目なテーマと

 娯楽西部劇風味満載のアクション・シーンが一体となった

 ストーリー&演出と

 伝説の無法者J&F・ジェームズ、C&B・ヤンガー

 K・ダルトン、W・C・クアントリルを融合させるという試みは

 私に「アメリカ西部劇流スター主義」と

 「無法者への複雑な思いと娯楽的サービス精神のせめぎ合い」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (無法者伝説の終わりと始まりが交錯する

 渋味の利いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「アメリカ流陰性アウトロー講談」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 歴史の娯楽的加工法&戦争系西部劇アクション技法の

 限りを尽くすことによって

 後年の西部劇に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック