映画に感謝を捧ぐ! 「新学期・操行ゼロ」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャン・ヴィゴ監督の「新学期・操行ゼロ」に

 感謝を捧げようと思います。


新学期 操行ゼロ [DVD]
アイ・ヴィー・シー
2007-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 校長一派への反乱を目論む

 寄宿学校生4人の運命を描いた本作は

 和やかなブラック・ユーモアに包まれた子供映画であります。

 1960~70年代の「反抗文化」を先取りしたストーリーと

 サイレント喜劇、舞台劇、アクション、サスペンスの特性を

 巧みに融合させた演出法が一体となる光景は

 私に「反権威」の爽快感、世代間の対立

 ユーモアとシリアスの秘めたる近似性を

 映画的に豹変する技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ハッピー・エンド」に属しつつも渋味&危うさを感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「フランス流アウトロー子供映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。
 
 舞台&登場人物のほとんどが

 「寄宿学校周辺&寄宿学校関係者」という

 限定された状況の中で

 冒険活劇、テロ対策、ドタバタ喜劇

 極道系友情劇が絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック